EncryptStick Lite ソフトウェア

EncryptStick Lite ソフトウェア

Part #EncryptStickLite

製品のハイライト


JumpDrive USBフラッシュドライブ用の先進的な無償セキュリティソフトウェアでファイルを保護

多くのユーザーは、セキュリティを強化せずに、コンピューター、ノートブック、フラッシュドライブ、その他のポータブルストレージデバイスに個人情報やファイルを保存しています。このような場合、写真、動画、財務関連の記録、銀行情報、その他の機密データなどのファイルが、破損、紛失、さらには盗難といった危険にさらされることになります。EncryptStick™ Liteソフトウェアがあれば、簡単ですばやく永続的に重要な情報を守り、ユーザーのプライバシーを保護できます。このツールは現在、すべてのLexar® JumpDrive® USBフラッシュドライブに利用できます。

プライベートなファイルを保護 - 簡単にすばやく、さらに安全にデータをバックアップ

コンピューターとJumpDrive USBフラッシュドライブで機能
EncryptStick Liteは、世界中のどこにいても、PCやMacコンピューターはもちろん、すべてのLexar USBフラッシュドライブで利用できます。

プライベートなファイルの暗号化と復号化

EncryptStick Liteがあれば、Lexar JumpDrive USBフラッシュドライブを、非常に安全性が高い、プライベートな保管庫として使用できるようになり、保護が必要な、写真、音楽、動画、ドキュメントなどのあらゆる種類のファイルを格納できます。

インスタントロック

この機能を使用すると、アプリケーション、保管庫、すべての機能を瞬時にロックできます。さらに、プログラムの一時ファイル、クリップボード、キャッシュ、セキュアメモリ内のすべての情報を消去できます。

マルチOS

EncryptStick Liteは、WindowsオペレーティングシステムとMacオペレーティングシステムに対応しています。プラットフォームの数に関係なく、1つのライセンスを使用してダウンロードできます。また、すべてのファイルを1つのUSBフラッシュドライブに入れ、そのドライブから操作を行うことができます。

メモリにこだわる方の選択肢、レキサー

長年の経験を通して、私たちはメモリを知り尽くしています。テクノロジーの進化にすばやく対応することで、お客様が必要とされるソリューションを設計し、デバイスメーカーと協力して当社製品の互換性を確認しています。また、当社は優れた保証と有益なカスタマーサービスをお客様に提供します。大切な思い出の保存は、性能、信頼性、専門的なサポートにこだわりを持つLexarにお任せください。

   自動アップデート機能

自動アップデート機能によりソフトウェアを常に最新の状態に維持できます。自動アップデートでは、EncryptStick Liteのバージョンがアップデートされているかどうか、システムが定期的に確認します。より新しいバージョンが利用できる場合は通知が表示され、EncryptStick Liteインストールをアップデートする許可を求められます。アップデートについては、システムによる確認のスケジュールを設定できるほか、手動でいつでも確認できます。

  使いやすい暗号化インターフェース

コンピューター上のファイルをドラッグしてEncryptStick Liteインターフェースにドロップするだけで簡単に暗号化できます。EncryptStick Liteインターフェースからは、暗号化した保管庫やファイルに直接アクセスできます。暗号化したファイルを表示したり復号化する場合は、保管庫内のファイルを直接ダブルクリックするか、デスクトップ、ローカルフォルダー、ネットワークドライブなどにファイルをドラッグします。

  コンピューターへのインストールは不要です。

EncryptStick Liteソフトウェアは、任意のLexar JumpDrive USBフラッシュドライブにインストールして実行できます。

  自動タイムアウト

ユーザーがコンピューターの前を離れると、EncryptStick Liteは、自動的に保管庫をロックし、プログラムを終了して、ログイン画面に戻ります。これにより情報を保護します。ロックアウトされるまでのアイドル状態の経過時間は、ユーザーオプションで設定できます。

  強力ですばやい暗号化

EncryptStick Liteの暗号化エンジンでは、強力ですばやいAESアルゴリズムが使用されます。保管庫の暗号化には256ビットのAESサイファーを使用します。登録済みのMicronの暗号化機能は政府認可を受けており、FIPS 140-2に準拠しています。

  紛失したフラッシュドライブのデータの復元

この機能を使用すると、代替のJumpDrive USBフラッシュドライブを簡単にアクティベートし、バックアップの保管庫からデータを復元できます。ソフトウェアを代替のJumpDrive USBフラッシュドライブにダウンロードします。その後、手順に従って再インストールを行い、保管庫のバックアップにアクセスします。

  高度な仮想キーボード

仮想キーボードには、ホストコンピューターにすでに感染している可能性があるキーストロークロガーや画面をキャプチャするマルウェアに対する、高度な保護機能が備わっています。マウスクリックの位置を追跡するマルウェアも、クリック後に仮想のキーをランダムに再配置することで阻止できます。

  管理者権限は不要

EncryptStick Liteは、管理者権限の有無に関係なく、MacやPCコンピューターと連動して実行できます。

  ログイン試行回数の制限

ログインに10回失敗すると、EncryptStick Liteログイン画面が1分間ロックされます。それにより、パスワードへのブルートフォースアタックの脅威を大幅に削減できます。

  ライブ検索

ファイル名を指定すれば、既存のすべての保管庫内で特定のファイルを検索できます。検索ボックスに入力すると検索対象が瞬時に絞り込まれ、検索結果が表示されます。

FAQs

  • アプリケーションを初めて使用する
    1. Lexar JumpDrive® USBフラッシュドライブをWindowsまたはMacに挿入します。[Lexar - EncryptStick登録ページ]が表示されます。EncryptStickが自動的に起動します。自動的に起動しない場合は、フラッシュドライブを参照し、encryptstick.exe(PCの場合)かencryptstick.app(Macの場合)をダブルクリックして起動します。
    2. 更新情報の通知を受けるメールアドレスを入力します(オプション)。
    3. [OK]をクリックすると、パスワード作成画面が表示されます。
    4. [パスワードを作成]フィールドにパスワードを入力します。パスワードを入力すると、プライベートなファイルが保護されます。パスワードの強度は選択した基準によって決まります。
    5. [パスワードを確認]フィールドに同じパスワードを入力します。入力したパスワードが基準設定(赤色で示されているもの)を満たしていない場合は、[OK]をクリックできません。強度の基準に合うようにパスワードを変更するか(推奨)、オプションをオフにします(非推奨)。
  • プログラム内で操作する

    上部ペインの保管庫アイコンをダブルクリックし、保管庫を開いてフォルダーとファイルを追加します。

    新しいフォルダーを作成する メニューバーの新規フォルダー(+)アイコンをクリックし、新しいフォルダーの名前を入力します。

  • 保管庫フォルダーにファイルを追加する

    保管庫内の該当するフォルダーを開きます。

    メニューバーのファイル追加アイコンをクリックすると、ウィンドウが開き、コンピューター上のすべてのドライブとフォルダーが表示されます。

    暗号化するファイルをクリックします。[暗号化]ボタンをクリックして、保管庫フォルダーにファイルを追加します。

  • 保管庫をロックする

    保管庫をロックするにはロックアイコンをクリックします。これによりログイン画面に戻ります。プログラムに戻るにはパスワードの入力が必要になります。

  • EncryptStickプログラムを終了する 

    プログラムを完全に終了するには、[X]ボタンをクリックします。これにより保管庫が自動的にロックされます。

  • ドライブを取り出す/マウントを解除する 

    フラッシュドライブのデータの整合性を確保するため、USBポートからドライブを取り出す前に、通常どおりフラッシュドライブを取り出すコマンド(Windowsの場合)またはアンマウントするコマンド(Macの場合)を使用することをお勧めします。

  • EncryptStick Liteアプリケーションを引き続き使用する

    Lexar JumpDrive USBフラッシュドライブを挿入し、ログイン画面でパスワードを入力して保管庫のロックを解除し、プログラムを実行します。コンピューターへの侵入が懸念される場合は、セキュリティを強化するために、仮想キーボードを使用してパスワードを入力できます。